MENU

レビトラの価格

 

レビトラを病院で処方してもらう場合

勃起不全(ED)治療は、日本国内では健康保険適用外の自由診療にあたり、費用はすべて患者の負担になります。しかし保険証の提示がいらないので、素性を知られずに治療を受けることが可能です。

 

一般的に病院で処方してもらうレビトラの値段(レビトラの薬代のみ)は1錠あたり1,500円~2,000円ほどです。病院の場合はそれに初診料や再診料がかかりますが、競合が多い地域だと薬代だけで初診や再診料は無料というところが多いようです。診察も性器をチェックしたりするわけでなく、簡単な問診だけで処方されるようです。

 

ただし、自由診療の場合、診療報酬や薬代は医療機関によって異なる設定になっているため、場所によっては価格に違いが出ることがあります。

矢印 レビトラ価格

個人輸入代行業者でレビトラを購入する場合

個人輸入代行業者などを利用してネットで購入する場合ですが、薬価代はそう違いはありませんが医療機関とは異なり、初診料や検査料がかからない分、安上がりです。

 

レビトラの価格目安(価格は変動します。)
レビトラ20㎎/30錠 63,100円(1錠あたり2,103円)
レビトラ10㎎/20錠 63,100円(1錠あたり3,155円)

 

といった感じで、1錠あたり2,000円ほどで購入できます。

 

1錠当たりの値段はバイアグラと比べても少し安い程度ですが、レビトラ10mgがイアグラ50mgと同等の効果を発揮します。そのため、レビトラ20㎎を購入してピルカッターで半分にして使用すれば価格も半分ほどの負担で済みます。
例)レビトラ20㎎/30錠 1錠あたり2,103円 → 1/2 1錠あたり1,052円費用を抑えてED治療薬を手に入れることができます。

 

矢印 ED治療薬ランキング

 

ジェネリックレビトラ(バリフ)の価格

レビトラにもジェネリック医薬品があります。レビトラのジェネリックは「バリフ」という薬品で、バリフは、カマグラゴールドやタダリスなど、数多くのジェネリック医薬品を製造しているインドの大手製薬会社アジャンタファーマ社によって製造されています。レビトラの主成分と同様にバルデナフィルを配合し、効果もレビトラと変わらないのに、とっても格安です。

 

バリフの価格目安(価格は変動します。)
バリフ20㎎/10錠 2,800円(1錠あたり280円)
バリフ20㎎/20錠 5,200円(1錠あたり260円)
バリフ20㎎/30錠 7,500円(1錠あたり250円)

 

バリフは1錠あたり250円~280円と大変安値で購入することができます。

 

初めて使う場合は錠剤ピルカッターで半分に割った10㎎または1/4錠の5㎎からはじめることが推奨されています。そのため、はじめのうちは一回当たりの金額を1/2~1/4に抑えることもできます。
例)バリフ20㎎/10錠 1錠あたり280円→1錠あたり・・・1/2錠 140円、 1/4錠 70円と低価格を実現します。

 

バリフ

バリフを使った個人的な感想です。バリフは副作用の症状を全く感じません。頭痛とか火照るという感じはありませんでした。その点がカマグラと比べて使いやすいです。効果も満足いくものですが、固さという点ではカマグラのほうがいいように感じました。

矢印 バリフ(バルデナフィル)20mg

 

レビトラとバリフは何が違うの?

 

レビトラとジェネリック医薬品のバリフに違いはあるのでしょうか?比較してみましょう。

 

【主成分】

主成分はレビトラもバリフも同じ塩酸バルデナフィルを配合し製造されています。
塩酸バルデナフィルはバイアグラの主成分シルデナフィルと同等の効果を持っています。

 

【含有量】

塩酸バルデナフィルの含有量はレビトラは10㎎と20㎎が販売されています。
バリフは20㎎のみ販売されています。レビトラ20㎎とバリフ20㎎は推奨される10㎎の量に合わせて半分に割って服用します。この10㎎の量でバイアグラ50㎎と同等の効果を発揮します。

 

【効果】

レビトラもバリフも効果に違いはありません。
陰茎の海綿体平滑筋の緊張を緩め、血流を良くすることで、十分な勃起を導きます。また、勃起を阻害するPDE-5という酵素の働きを抑制し、強い勃起を長時間持続させます。勃起の持続時間も10㎎服用で4~5時間。20㎎服用で6~10時間持続します。

 

バイアグラと比べると両者とも吸収率が良いので即効性が高く15分~20分程度で効果を発揮します。また、飲食やお酒の後でも効果を弱めません。

 

性欲を高めるものではなく、性的興奮や刺激による勃起を助けるものですので、服用を感じさせないくらい自然に性行為を行うことができます。そのため、バイアグラで改善の見られなかった人に処方されたりするなどユーザーの人気も高い薬です。

 

【副作用】

配合されている成分が同等のため、副作用もレビトラとバリフは同じです。
人によっては副作用として顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどの症状が出ることがあります。いずれも軽度な症状で、時間の経過とともにおさまっていきますが、できるだけ、用法や用量を守って副作用を起こさないようにしましょう。

 

禁忌事項はバイアグラよりも多く、心不全などの心臓病があり、硝酸系(ニトログリセリン系)の薬または、心臓病を治療する薬との併用絶対にできません。抗真菌薬・抗不整脈薬・抗ウイルス薬、降不調脈薬とαブロッカーと呼ばれる降圧薬も禁忌薬となっています。

 

【製造】

レビトラはドイツのバイエルヘルスケア社から発売されています。
バリフはバイアグラのジェネリックのカマグラゴールドと同じインドの大手製薬会社アジャンタファーマ社によって製造されています。
バリフは日本ではレビトラに特許権があり、その性質上病院や薬局では手に入れることができません。そのためバリフ購入の際は個人輸入や輸入代行を利用します。

 

【価格】

レビトラの価格(価格は変動します。)
医療機関だと、1錠あたり1,500円~2,000円(+初診料)
個人輸入代行を利用すると、1錠あたり2,096円~3,155円

 

バリフの価格(価格は変動します。)
個人輸入代行を利用すると、1錠あたり250円~280円

 

このように、レビトラとバリフの最大の違いは価格にあります。
医療機関で処方されたり、国内で購入できるレビトラと違い、バリフは個人輸入や輸入代行を介してでしか購入できないので、偽物に遭遇するリスクがあります。
しかし、安心して購入できるショップを利用すれば、効果を同じくしてローコストで購入することが可能です。

 

矢印 バリフ(バルデナフィル)20mg