MENU

レビトラやバリフの通販では偽物に注意。

医療機関の処方で手にしたレビトラは医師の診断の元、処方されたのですから間違いなく本物です。

 

しかし、レビトラは輸入代行を利用した通販でも購入することができます。誰にも知られずレビトラを購入したい人や少しでも安く買いたいと言う人、ほしい時にすぐ手に入れたいという人は、個人輸入で輸入代行を利用します。価格も医療機関で診察や検査を受けて処方してもらうよりも費用がかからず、同じ効果のものを安値で手に入れることができます。

 

対して、レビトラのジェネリック医薬品であるバリフは国内でのレビトラの特許権がまだ切れていないため、国内での購入はできなません。そのため、通販を利用するという選択肢のみになります。

 

ただし、個人輸入で売られているレビトラやバリフには偽物が流通している可能性があります。バリフはもともとの価格が大変安く、レビトラのジェネリックのため、レビトラよりもブランド価値が低いため、偽物はほとんどないと言われています。しかし、必ずとは言えません。個人輸入で最も利用されるインターネット上のショップでは正規品に似せただけのいわゆるコピー商品が横行しています。

 

コピー商品は本当に精巧に作られており、本物と偽物を並べてじっくり見ないと見分けがつかないというものもあります。輸入代行の通販で、レビトラやバリフを購入した場合、偽物をつかまされても返品できませんし、直接の契約当事者は消費者と海外の事業者なので、輸入代行業者にはクーリングオフの主張をすることができません。

 

また、通常、医師から処方された薬や国内で市販されている薬を適切に使用した上で重篤な副作用が出た場合、「医薬品副作用被害救済制度」が適用され、治療費等保障されますが。個人輸入で入手した医薬品でのトラブルは保証対象外となり、自己負担での治療になってしまいます。痛い目にあっただけでなく痛い出費にもつながります。

矢印 ED治療薬ランキング

偽物の薬品の多くは
・本来含有するはずの有効成分を全く含まない
・有効成分の割合が減少、または過多
・本来含有するはずの有効成分とは異なる似通った成分を含む
                                     といったものです。

製造されている場所がかなり不衛生であったり、いい加減な成分の含有量や本来含まれていない成分の混入などにより、健康被害の実例も出てきています。

 

矢印 レビトラ価格

 

偽物を見分けるポイント

 

《パッケージ》

偽物の場合、パッケージに成分名がしっかり記入されていなかったり、印刷の鮮明さや紙質が異なる物があります。ただ、輸入品は外国語表記なので斑別が難しいかもしれません。

 

《内容量》

レビトラの正規品はボトルでの販売がほとんどで、バラ売りでの販売は要注意です。また、レビトラはいシート4錠包装されており、10錠包装は製品化されていません。

 

《錠剤の形状》

形状は、本当に精巧に作られているため中々見極めるのは難しいですが、錠剤の色味が若干違ったり、プリントされている文字が薄かったり濃かったりと差があります。

 

《成分の含有量》

現在製品化されているレビトラは5㎎、10㎎、20㎎の3種類でレビトラの100㎎錠は製品化されていません。含有量が異なったのは偽物である可能性が大変高いです。

 

偽物と本物を見分ける方法はあるものの、やはり比較しないと分からなかったり、見た目では分かりにくいというものがほとんどです。通販では、店頭で手に取って購入するのとは違い、インターネット上に掲載してある画像や説明書から判断するのは困難です。

 

買って、届いて、はじめて、それが偽物や粗悪品かどうかがわかります。安心して購入するには安心できるショップを把握しておくことです。

 

個人輸入の輸入代行業者はたくさんあります。
その中でも
●会社の実績と信頼性
●クレジット決済可能
●実際に使用している方の口コミ体験

 

この3つをクリアーしているショップは信頼できます。
さらに、顔を合わせない通販なだけに、問合せがしっかりしているところもポイントとなります。

 

矢印 オオサカ堂 個人輸入代行

 

レビトラは高価なので私自身はバリフを購入しています。

 

バリフ

バリフを使った個人的な感想です。バリフは副作用の症状を全く感じません。頭痛とか火照るという感じはありませんでした。その点がカマグラと比べて使いやすいです。効果も満足いくものですが、固さという点ではカマグラのほうがいいように感じました。

 

矢印 バリフ(バルデナフィル)20mg